【北のブランドの家モデルハウス】土間配管と土台敷き

【北のブランドの家モデルハウス】の方では、基礎工事が完了し、土間コンクリート上の配管工事を行いました。

松浦建設では、排水管はコンクリートの下ではなく、上に配管します。 これは、メンテナンスの為です。 長く家を使用すると当然、排水管も劣化していきます。 土間上に配管するメリットは、数十年後でも交換できることです。 エコットハウスは、構造体も長持ち、設備は交換が可能、外壁材・屋根も長持ち、家がある限り換気し続けるパッシブ換気という超長寿命の家です。

その後は、いよいよ大工さんによる木工事を開始しました。 まずは基礎の上に土台を敷き、次に土台にかかるように大引きを敷きます。 松浦建設では、床は根太レス工法なので、910mm間隔に大引きを田の字に組んでいます。

土台と大引きに「北のブランドの家」の印字が見えます。 この後は、いよいよ「建て方」となります。 柱を立てて梁をかけて軸組を作っていきます!

個別現場レポート→「北のブランドの家モデルハウス