札幌市 豊平区月寒 S様邸 コロナルーフとトリプルガラス断熱サッシの施工

豊平区月寒S様邸では、エコットハウスの特徴的な2つの工事が行われました。

一つ目は、屋根工事です。素材はコロナルーフというものを標準で使用しています。この屋根材は、瓦のようにみえる美しい外観で、30年の品質保証がついています。素材は、北海道ではお馴染みのガルバリウム鋼板という金属に天然石で化粧されています。

通常、屋根は、15年程度で塗り替え、更に数年後は張り替えなどを検討されます。エコットハウスでは、外壁も屋根も長持ちする素材を使うことで、住まわれたあと、なるべくメンテナンスが必要ない家づくりをおすすめしています。

換気の方も機械換気だと数年でダクトが詰まり、換気量がおちてしまうので 定期的な掃除(メンテナンス)が必要となります。

「外壁レンガ」、「屋根コロナルーフ」、「パッシブ換気」この3つのメンテナンスフリーをお客様にご提案しています。

二つ目は、樹脂サッシの取付工事を行いました。近年、樹脂サッシにペアガラスをはめたものが一般的となっています。しかし、エコットハウスではさらに上の性能のトリプルガラスの樹脂サッシを使用しています。住宅で一番熱が逃げるのはガラスです。エコットハウスで使用しているトリプルガラス樹脂サッシの熱貫流率は、0.89W/m2Kです。一般的なペアガラスでは1.55W/m2K程度なので、性能は1.5倍以上良いものです。断熱性能が高ければ高いほど、家の光熱費が安くなります。

→もっと詳しくは「1メートル断熱トリプル」

気温が下がり、雪が降りやすくなっています。この後も外部工事が続きますので、「手元・足元」に気を付け、「安全保護具の着用」、「体調管理」に気を付け、工事を進めていきます。