【北のブランドの家モデルハウス】ジーワンボードとトリプルガラス樹脂窓

【北のブランドの家モデルハウス】では上棟を終え、次工程に移っています。 今回は、北のブランド認証を受けた「エコットハウス」の特徴ともいえる高断熱な家にするために外部の壁部分の施工を行なっています。

家全体の断熱計算は、壁・天井・基礎・床の熱の逃げる量(熱損失)を合計して出します。 エコットハウスの外壁の熱貫流率は、0.186W/m2Kです。 この高性能な外壁とするためには、付加断熱を行なっています。 そこで使われるのがジーワンボードです。

ジーワンボードの熱伝導率は、0.018W/mKです。 この性能の高い断熱材を50mm貼り付けています。 ジーワンボードの表面は、遮熱熱のためにアルミ箔の面材がついています。 断熱計算には反映されませんが、さらに性能が上がっています。

続いて、サッシのご紹介です。 トリプルガラスのダブルLow-Eの樹脂サッシです。 YKKapの「APW430」です! この商品も「北のブランド」の認証を受けています。

窓は、外壁の中で一番熱が逃げる部分です。 この商品は、断熱性能が高いペアガラスの樹脂サッシよりも優れていて、熱伝導率は2/3ぐらいです。 断熱の弱点となる開口部に優れた断熱性能のサッシを使う事は、できるだけ断熱ムラを減らすという点でもとても有効です。

今回は、第二弾となる北のブランドの商品のご紹介でした。

 

【北のブランドのご紹介】#02 高性能トリプルガラス樹脂窓APW430](YKKAP(株)北海道支社)

個別現場レポート→「北のブランドの家モデルハウス