札幌市 厚別区 N様邸 気密測定と工事完了

札幌市厚別区N様邸では、無事工事が完了し、気密測定を行いました。 エコットハウス仕様の家では、非常に高い気密性能になるように細かい所まで気を使い、施工しています。

気密測定は、貫通部を目張りし、家の中の空気を機械を使って出します。 そして、負圧となった家にわずかな隙間から入る空気による圧力を測定し、家の隙間の面積を出します。 相当隙間面積C値は、0.26cm2/m2でした! そして、さらに松浦建設では、隙間特性値nも気にします。 このn値は、隙間の形状を示す値で、1~2の間の数値です。 1に近いと小さな隙間が分布している状態で、2に近いと大きな隙間が空いているという事です。 なので、1に近い方が理想的です。 N様邸のn値は、1.3でした。 これは、大きな隙間が少ない事を現していて、気密施工もきちんとされているのが確認できる数値です!

家の方は、通電し、フローリング塗装も終了しました。 自信をもって引き渡せる状態です。

キッチン前の壁には、モザイクタイルを張っています。 モザイクタイルは切ることができないので、あらかじめタイル割を行ないました。 家具用コンセントも埋込でつけているので、この部分も割付がぴったり合い、ほっとしています。

日中は、大きな南面の窓からたくさんの光が入り、とても明るいリビングです。 フローリングの仕上がりもとても良いです!

玄関のシューズクローゼットには、ウエスタン扉を取付目隠ししています。

寝室には作り付けの本棚があります。 この本棚は横にスライドすることができます。 ずらすとそこにはホールへつながる通路が出てきます。

N様邸の現場レポートもこれで終了となります。 4月から始まり9月竣工です。 工事に携わった関係者の皆様お疲れさまでした! 最高の仕上がりでお引渡しとなります!

個別現場レポート→「札幌市厚別区N様邸